スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.10.08 Monday | - | - | -
ITO-YA
1人で日本橋をぶらり。

と言っても、ワイシャツを仕立てに行きました。
社会人用にね。

親から生地をもらって、高島屋に行って作ってもらいました。
寸法って首回りと袖の長さくらいかな〜ってイメージしてたら、
あらゆる場所を測られました。

そしてびっくり発見したことが・・・

右腕の方が1cm長い


そうだったんですか。
姿勢がきっと悪すぎなんでしょうね。
整体したくなりました。


注文をし終わったあとは、
せっかくだからITO-YAでも行こうと思って歩いて銀座へ。

手帳のペンホルダーが破れてしまっていたので新しいのを買いに。


そういえば、就職活動してたときは文具メーカー見てたなぁ・・・って思い出して。

男なのに女並みに文房具のデザインに凝る。

伝達が紙という方法から電子という方法へ移り変わるなかで、
文房具の需要が薄れてきているけど、
書くという表現が自分の思っていることを伝えやすくする。

メールでは絵文字を使わなければ、気持ちは表現しづらい。
それに文字一つ一つに気持ちを込めることも難しい。


コミュニケーションツールとして「書く」ということが
どれほど大切かということを消費者に伝えていきたい。
そんな気持ちをもって文房具メーカーを見ていたなぁって思い出しました。


書くためだけのボールペンがあっても僕はたぶんそれを大切には扱わない。
でも、そこにデザインが施されていたり、人からもらったものであれば大切に使っていきたいと思う。

文房具に付加価値をつければ、愛情を持って物を扱うことができるし、人へのプレゼントとしてのギフトにもなる。

そうなれば、文房具自体がコミュニケーションツールとして成立するから、文房具の需要は薄れてきているけど、ヴァリエーションが広がるデザインが存在する中で僕は自分の気に入る文房具を今も探している。

ITO-YAで行きたかった企業のマグネットが置いてあって、「やっぱり行きたかったなぁ」って思ってしまいました。
2006.02.06 Monday | 生活 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2007.10.08 Monday | - | - | -
<< ハンバーグ作り | main | 今やりたいこと(メモ) >>
コメント
コメントする










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--