スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.10.08 Monday | - | - | -
台湾2日目
2日目の朝は早かった。

朝起きると、すでに朝ごはんが用意されていた。
中身は、小龍包、揚げパン、豆乳。

朝から重いものだなぁって言いながらもむさぼり食う。
満足だな。

今日はキールンに向かう予定がすでに立っていた。僕はその予定について行く形になるんだな。大きなワゴンに親戚含めて9人で出発車

キールンは台湾の北東に位置していて、山が聳え立っている。民家はちらほらと見えるが、商店はほとんど閉まっていて、彼らはどうやって生計を立てているのかと疑問に思ってしまう。ただ、奥地に進むと、急ににぎやかになり、観光客が多く集まる場所に到着した。なぜ偏狭の地にこんなににぎやかな場所があるんだろう。きっとここは神が足を運ぶ地なんだなと勝手に想像。わくわくしながら、細道に入っていくと長い商店街。



おいしい匂いと活気ある店員の声が台湾だなぁと感じる。
やっぱり物価が安いなぁ。いくら食べても、お金が減らない。



ただ、やはり疑問に残るこのにぎやかさ。ここはランドマークがあるわけでもなく、有名なお店もあるわけでもない。なぜこの細道だけにぎやかなのだろう。今までの旅行でこんなこと考えたこともなかったが、大人になって歴史について知りたくなるのは経済人のサガなのかな。


キールンのその賑やかな商店街を後にして、次は黄金博物館に行った。名前の通り、金が取れる鉱山のある場所。ここは歴史的建造物が残っている。鉱山の横に綺麗な日本庭園と日本家屋。なぜ日本がここに?歴史を感じさせる。日本家屋のある横を通ると、非常に胸が痛くなる。


黄金博物館の中は、見事に金だらけだった。200KGの金を持ち上げたら、それをプレゼントしてくれるという素晴らしい企画があったが、持ち上げられる人がいるはずもない。写真を撮ってきたかったけど、禁止だったのが残念。

外を歩くと、ところどころに「毒蛇毒蜂注意」の看板が。そんな危険な表示があっても、避けるすべがないような。一応周りを挙動不審にキョロキョロしながら歩いてみたけども。


一回りした後は、車で海岸沿いをドライブ。大きなカフェにたどり着いた。今台湾はカフェブームらしい。スタバなどの街中のカフェもブームだが、何もないところにポツンと立つカフェがちょっとしたブームのようだ。確かに変な場所に立っているカフェが見える。



だからといって、メニューに特別なものはない。普通にコーヒーを頼んだが、甘いだけでおいしいとはいえなかった。でも、海の景色が最高で、まったりするには最適だね。


疲れてもう何もできない。車の中で爆睡だった。
でも、まだ今日は終わらない。

港に行って、海鮮料理を食べる計画があった。

で、目的の港に行ったら、お盆祭りがあって、港には魚があがっていなかった。祭り騒ぎで爆竹だの、下着姿の女の人がステージで歌って踊るなど、何祭りと聞きたくなる不思議な催しだった。


しかたなく、近くの港に行って、海鮮料理を食べた。ただ、僕は海老がきらいなので、残念ながら、満足と言えるほどの贅沢は味わっていなかった。


う〜ん、もう帰ったら寝るだろうと考えていたが、なぜか夜になって、市場に行きたくなって、母親といとこを連れて市場へ。最初は食べ物目的だったけど、お腹が空いていなかったため、マンゴーアイスとタピオカミルクティーだけで終わってしまった。台湾名物のカキ氷は写真だけ撮っておきました。ごらんあれ。



市場は楽しいけど、1人か2人で歩きたいな。なんか気を使うとゆっくり見れないし、親が横にいると騒げもしないしね。

さすがに帰ったら即爆睡でした。
2006.08.09 Wednesday | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2007.10.08 Monday | - | - | -
<< 台湾へ出発☆ | main | 適職探し。 >>
コメント
コメントする










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--